日記

個展「東雲の便り」終了しました

こんにちは。
2/27(木)から開催しておりましたRTsuki個展「東雲の便り」、3/8(日)18時をもって無事終了いたしました。
かなり遅くなってしまいましたが、本日はこのたびの個展に関する諸々の出来事や、今後の活動予定などについてまとめたいと思います。

技術や経験の少なさに見合わないほど活動期間だけはやけに長い私にとって、満を辞しての個展開催というのはかなり大きな分岐点と言えるものでした。
開催までにいろいろありつつもこうして完遂できて、まずはほっとしたと言いますか、肩の荷が一気に降りた感。
皆さま、本当にありがとうございました。
この難しい状況で無事開催でき、たくさんの方々にご来場いただけましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。
が、開催したことでまた思い悩むことが増えているのも正直なところ。
また、この約一ヶ月で日本社会が大きく変化し、状況も変わってきました。
その辺について思うところも少しお話しようかと思います。

(※かなり長くなりますので一旦折りたたみます)

(さらに…)

個展タイトルについての話

こんにちは。
個展「東雲の便り」、7日目終了しました。
正直、このご時世なので誰も来ないだろうなぁとか思っていたのですが、想像以上にご来場いただけてとても嬉しく思います。
「何人かで描いているのかと思った」といったご感想を数回いただき、苦笑い。
そもそも作品によって絵柄を変える人間だというのと、初個展ということでいろいろ持ってきた結果として作品の制作年がバラバラな点も原因かもしれません。
ちなみに、額装して展示している原画で一番古いのは2007年制作です。
原画ファイルに入っているものだと最古は2003年頃、下描きファイルに至ってはそれどころじゃない太古の遺産レベルのもあったり。

それはさておき。
今回は個展タイトルの由来といいますか、どういう意味合いでの命名だったのかという話をしようかと思います。
これについては意外とツッコミが入らなかったのですが、それはつまり不自然な日本語にはなっていないということでしょうか。
ワタクシ、気をつけていないとすぐ厨二的な命名をしてしまう人で、そこは結構気を配ったつもりだったので少し安心しました…。
(※かなり長いので一旦折りたたみます)

 

(さらに…)

2017年です

今年もよろしくお願いいたします。

 

すみません、せめて1月中に一言を、とは思っていたのですがものすごくギリギリになってしまいました。
上の画像は年賀状になるはずだった絵です。全くもって間に合いませんでした。
そう遠く無いうちに仕上げるつもりではいます…。
こんな私に年賀状をくださった数名の方には、後日別の絵で寒中見舞い的なものをお送りする予定。しばらくお待ちくださいませ。

 

ちなみにこちらは、instagramの方でUPした正月イラスト。
ものすごくわかりにくいんですが一応酉年を意識していたり。
既にinstagramの一日一絵ではいろいろやってますが、今年は今までよりも画材の種類や組み合わせを試していきたいと思っています。
弘法筆を選ばず。画材に縛られない楽しいお絵描きライフを。

「ART SENSE vol.4」ありがとうございました

前回お知らせいたしました公募展「ART SENSE vol.4」ですが、10月10日(月)に無事終了いたしました。
関係者の皆さま、ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。
今回の展示を機にTwitterでもいろんな方々からお声かけいただいたり、RTしていただいたりしていて恐縮です。
かくいう私も、直接声をかけることができない(主にチキン的な理由で)かわりに、会期中はちょっとしつこいくらい関連ツイートをRTしまくってました。
通知切ってない方にはめちゃくちゃうるさかったかもしれませんが、どうもすみません…。

 

まずは結果のご報告ですが。
ありがたいことに、審査員特別賞の一つ、「ギタリスト的にインスピレーションを受けた賞」に選出されました。
なんかすごい名前になっていますが、審査員の一人であるギタリストのgohさんから贈られる賞で、選出理由は名前の通りだそうです。
浮き沈みの激しい軟弱な精神のスキマを音楽で補っている私という人間にとってはこの上なく光栄なお話です。ありがとうございました。

 

img_1652
肝心の作品画像に関しては、まだスキャンできていないのでとりあえずカメラで撮った画像を載せておきます。
全体像はこんな感じでした。作品名は『きこえる』
ちゃんと画像作るのは結構先になりそうです。分割スキャンが下手な人間なので…。

 

で、普段ならこれで終わりにするところですが。
今回、審査員の方々や投票いただいたお客様方、それからTwitterで様々なご意見・ご感想をいただきました。
それらに全く応えずに次へ進むのもどうかと思いましたので、ちょっと珍しく自作品について簡単な解説のようなものを入れてみることにします。
ご興味のある方は下へお進みください。(※簡単に、とは言いましたが結構長文です)

 

(さらに…)

新年のご挨拶

nenga2016_web

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって素晴らしい一年となりますように。

 

…年賀状の販売すら終わった頃にひっそりと登場。
実際に印刷して送ったのは上にある画像のような感じでしたが、文字無しver.は既にイラストページ(http://rtsuki.tumblr.com/)の方に載せてありますのでよろしければご覧くださいませ。

 

また、今年の元旦からは、いわゆる「一日一絵」をinstagram(http://instagram.com/rtsuki)とTwitter(https://twitter.com/RMoonriver)で公開しています。
それについてはまた他の機会に書きますが、こちらの方もよろしければ。

 

今年は、昨年よりも少し真面目にやっていけたらなぁと思います。
…昨年も同じようなこと言ってた気がしますが、それはそれ。ということで。
気づけばグループ展まで二ヶ月を切ってしまい、ふざけている場合ではありません。頑張ります。

年賀状が終わりました

参加させていただきました「小さな世界のクリスマス展」、無事終了しました。
谷中ジンジャーさんの企画展は初参加でしたが、様々なジャンルの作品が一堂に会していて、とても面白い空間です。
またここで展示をしてみたいと思いました。
今後の企画展スケジュールもしっかり追っていって、出られそうなものには参加するつもりです。
ありがとうございました。

 

あ、今回の参加作品に関しては、もう少し加筆修正してからUPする予定です。
しばらくお待ちを…。

 

 

そして、早いもので今年もそろそろ終わりを迎えようとしています。
つまり浮上してくる問題は、「年賀状をどうするか」。

 

安心してください、描いてますよ!

 

img_6200
なんということでしょう。小さめの絵とはいえ、年賀状用イラストが約12年ぶりに年内の完成となりました。
これで一部の方には元旦に届くと思いますが、不審がらないでください。
たまたま調子が良かっただけです。
来年以降はおそらく、通常営業に戻ります。

(※通常営業…元旦過ぎてから描き始める)

 

クリスマス絵の修正が終わればまた来ますが、おそらく来年になるので、これが年内最後のブログ更新だと思われます。
今年はお付き合いいただき、ありがとうございました。良いお年を。

「ATC mini*O」ありがとうございました

参加させていただきました企画展「ATC mini*O」ですが、昨日をもって終了しました。
ARTs*LABo様主催のイベントへの参加は、3年前のポスカ展以来2回目。
制作にあたって私自身にとっては初めてのことが多く、非常にいい勉強となった展示会でした。
苦戦はしましたがATCサイズの制作は面白いし、たくさんの作家さんが新作を発表していてTwitterを追うのが楽しかった。
次の機会があれば、また是非参加したいと思います。
ありがとうございました。

 

さて、前回書いた通り、今回は答え合わせというか完成品の画像を持ってきました。

atcminio01_rough

下描きはこんな感じでしたが…

atc_minio01

こうなりました。
制作過程としては全部だいたい同じで、

①別紙に下描き
②本番の紙に転写してグレーのミリペンでうっすらペン入れ
③水彩色鉛筆でゴリゴリ着色
④物足りない部分をミリペン、油性色鉛筆、水性マーカーで描き込み

以上です。
今回は水彩色鉛筆の可能性をいろいろと感じた制作となりました。
一番最初に描いたのが右上の一枚なのですが、ここで偶然予想外の表現が出てしまった部分がありまして。
そこでの経験を生かして描いたのが左下の一枚にある背景と前景部分。
正直、ここの部分を描いてるときが一番ノッてました。
自分にしては結構いい色が出せたと思います。

 

また、今回の展示ではプロフィールカードの用意が必須だったのですが、そちらもイラストを描き下ろしました。
既にイラストページ(http://rtsuki.tumblr.com/)の方に載せてあります。

IMG_6051

こちらは下描きの状態。
今回は珍しく一発で決まったので、いつもより線が少なめです(笑)。

おさんぽの時間

非常に珍しく、月内で二回目の更新です。
なんということでしょう。

 

グループ展の予定が決まったということで、普段よりも制作ペースを上げるべくいろいろとやっているところです。
何しろ、作品点数が多くない人間ですからね。
過去作品全部を視野に入れれば決して少なすぎるわけではないと思うのですが、今の自分として出せるかというと、うーむ…となってしまうのです。
描いた直後はいいものの、時間が経つといろいろ考えてしまって。
結果的に早い段階でお蔵入りしてしまうことはよくあります…。

 

今日はものすごく久しぶりに、イラストページ(http://rtsuki.tumblr.com/)の方に新作を追加しています。
最近新しく買った画材数点を初めて使いながら仕上げた一枚。
結構行き当たりばったりな制作でしたが、予想外の色合いが出て楽しかった。
普段やらないような混色パターンもいろいろ試しています。
黄色の可能性に目覚めました(笑)。

dogrun_r

こちらは下描きの線を若干整理した段階。
描くときにどこで苦戦したか非常にわかりやすいのです…。

MDノートのその後の話

大体二ヶ月ごとに現れる私です。すっかり冬になりましたね。

前々回の記事で書いたMDノートでのらくがきの件ですが、不定期とはいえ地味に続いている状態です。
その中で、やっているうちに少し変化が出てきたことがあるのでここにまとめておきます。

 

①ペンの変更

最初の頃はジェットストリームで書いていたのですが、最近は「kakuno」という万年筆で描くようになりました。

IMG_3572

初心者向けということもあって、万年筆にしては非常に安価。しかし、その描き味はお値段以上。
適当にやってもスルスルといい感じの線が引けてしまうので、以前よりも思い切りのいいタッチで描けるようになりました。
今ではペン入れにほとんど躊躇しなくなっています。
もともとはペン入れに時間がかかりすぎるのを克服するつもりでの練習、という意味合いもあったので、これは純粋に成果と言える点でしょうか。
ただ、細い線での描き込みも好きなので、また気が向いたらジェットストリームに戻すなり何なりしてペンを変えるかもしれません。

 

②instagramに移行

前回「Twitterにのせている」と書きましたが、正確には「Twitpicに投稿したものをTwitterで流している」といった感じでした。
ところが、そのTwitpicが先月にサービス終了。
何か他に良い場所がないかと探していたときに、iPhoneアプリ「instagram」に辿り着きました。
アプリで加工した写真をいろんな人と共有するというサービスで、長らくiPhone限定でしたが最近ではPCからも閲覧可能です。
http://instagram.com/rtsuki


↑最新9件

Tumblrよりも更新頻度が高いということで、右サイドバーのウィジェットもinstagramに変えておきました。
instagramで画像加工すると勝手にシャレオツな感じにやってくれるため、上手い具合に粗い部分が隠れて実物よりもいい感じに見えてしまうのが本人としては笑いどころ。
そして、始めてからわずか二ヶ月だというのに、もう二年以上やっているTwitterよりもフォロワー数が増えてしまったのがさらに笑いどころ。
私は、あまり語らない方がいいらしい。

 

こんな感じでやってますよ。
まだしばらく続きそうなので、暇つぶし程度にご覧いただければうれしく思います。

 

そろそろ年末。
今回は年賀状ちゃんと描こうかしら。リアルで出せる相手はいないけれど。

Tumblrに登録しました

引き続き工事中の当サイトですが、Galleryページの作成がほぼ詰んでる状態なのです。
全然コード覚えられないし、検索して出てきたものを試してみてもうまくいかず。
やっやはり要領の悪い私にプログラミングは無謀だったか…!

というわけで、一旦諦めて外部サイトに頼ることにしました。

 

タイトルにもありますが、Tumblrというブログサービスを使って暫定的なギャラリーを作成しています。
こんな感じになりました→rtsuki.tumblr.com
…なんといいますか、もうこれでいいような気がしています。はい。
もう少しいじってみて、どうにか使いこなせそうだったらサイトに連結するという方向で考え中。
このページからもサイドバーのウィジェットから飛ぶことができますので、興味のある方はどうぞ。

 

で、このTumblrに投稿するために過去絵をあさっていたわけですが…
自分ですらもう何年も見ていなかった、すごーく、ものすごーく昔の絵がうっかり出てきました。ぎゃー。
せっかくなので、この機会にもう一度日の目を見させてあげることにします。四枚まとめて。
今でこそ突っ込みどころは多々ありますが、あれらが私のWeb活動における実質のスタートラインになったことを考えると、ある意味原点と言えるのではないかと思っています。
期間限定公開になるかもしれませんが。(そのうち消しそう…)